ウェイターバイトの評判は?きついらしいけどサラリーマンでも稼げるの?

サラリーマンの副業バイトとして人気のある職業の1つがウェイター・ウェイトレスです。

ウェイター・ウェイトレスは基本的にアルバイトとして働くことになりますので副業に最適で、本業が休みの土日だけなど柔軟な働き方ができます。

いわゆる飲食関係の仕事になるわけですが、具体的な業務はどのようなものなのでしょう。

 

f:id:find-search:20150322145420j:plain

 

業務内容としてはレストランなどでお客の注文を受け、完成した料理をテーブルへ運ぶ形になります。

料理を作ったり、食器を洗ったりするのは原則としてウェイター・ウェイトレスの仕事ではありません。

お客が帰った後には残った食器を片付けたり、お店によっては店内の掃除や会計も行うことがあります。

そのため業務内容の幅は広く、さまざまなことをこなさなければなりません。
お店にもよりますがウェイター・ウェイトレスの数が少なければ1人で対応することも増えていき、さらにお昼時など混雑する時間帯はかなりの忙しさになるでしょう。

 

ただし、業務内容を考えると特別なスキルや習得までに時間がかかるテクニックなどがあるわけではありませんから誰でもすぐに始められ、この点が副業バイトに向いている理由の1つとなっています。

接客業になりますので人と関わる仕事がしたい、人と話すのが得意という方に特に向いている仕事だと言えるでしょうか。

 

そんなウェイター・ウェイトレスの給料についてですが、働く時間帯によっても大きく変わってきます。
昼間は時給800円前後のお店が多くなりますが、24時間営業のファミリーレストランなどで深夜に働けば時給は1,000円程度までアップします。

働き時間帯によってはサラリーマンの副業といっても十分に稼ぐことも可能です。
特に深夜は学生などが働けないことが多く、競争も激しくないため狙い目の時間帯になります。

逆に夕方は大学生をはじめ高校生もバイトをしていることが多いので希望のお店で働けなかったり、求人が見つけづらかったしする可能性があります。

ウェイター・ウェイトレスとして働くことを考えるならいつ働くのかがポイントになるでしょう


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です