タクシーやリムジンドライバーは副業バイトでかなり稼げる?

ドライバーは副業バイトとしても人気の高い仕事ですが、その種類はさまざまです。
代表的なものはタクシーのドライバーですが、さらにリムジンのドライバーというのも注目を集めています。

ドライバーということで車を運転するという点では同じ仕事ですが、収入やその業務内容にはそれぞれで違いがあります。

 

f:id:find-search:20150324104443j:plain

まずタクシードライバーですが、勤務形態としては昼間のみの勤務、丸1日勤務して翌日休む勤務、夜間のみの勤務の3つに分けられます。

どの程度稼ぐことができるかですが、これは固定給なのか歩合制のなのかで大きく変わります。

固定給の場合は時給1000円程度で、歩合制の場合は時給換算で800円から1,500円程度になるでしょう。

固定給は歩合制に比べて時給が若干低いと言えますが、売上に関わらず決まった収入を得られるのが特徴です。
一方で歩合制は売上さえ稼ぐことができれば収入も大きくなりますが、売上が良くなければ収入も下がります。

副業バイトということを考えたうえでどちらがいいのか、これをしっかり検討することが大切になるでしょう。

特に慣れないうちはお客を取ることが難しい可能性がありますので、歩合制だと思うように稼げないかもしれません。

 

次にリムジンドライバーですが、こちらは時給1,500円以上が狙え、タクシードライバーよりさらに稼げる仕事だと言えます。

やはり高級車ということでタクシーとは客層も違い、高級感が1つのウリになっていますのでその分収入もアップするわけです。

収入だけで見るなら非常に魅力的な仕事だと言えるのですが、リムジンドライバーは数が少ないという問題があります。

日本ではまだまだリムジンドライバーが普及しているとは言えず、国内ではそれほど多い仕事ではないのが現状です。
そのため求人を見つけづらいことが多く、地域によってもまったく求人がない可能性もあります。

いかにして求人を見つけるか、これがリムジンドライバーとして働くうえでのポイントになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です