クリスマスにオススメ!パティシエ補助の仕事は副業で稼げます

現在はオーエルをしている女子です。35歳です。いろんな経験をしたくていろんなバイトをしてきました。

好奇心旺盛ですがコスパを重要視してしまうので時給が高いバイトが大好きです。パティシエの補助副業バイトで時給は1000円です。

 

パティシエ補助の副業バイトの内容

銀座の歌舞伎座近くにある会社でした。データを復旧するIT関係の会社のようでしたが、なぜかショコラ部門というものがありました。

社長が気まぐれなのかチョコ好きなのかよくわかりませんが、メインのシステム復旧事業が軌道に乗っているためか副業的に手を出したのかもしれません。

 

銀座の本社近くに本格スイーツショップを出店するということで、まったく新しいお店でメニューを考えながら試作しているフランス人パティシエのアシスタントで働きました。オープン前日だというのにメニューはほとんど決まっていませんでしたし、材料もあるものやないものがあって、段取り悪く、急にバターがないからだれか買ってきてという状態でした。

 

銀座の一等地に出店するお店なのに、肉のハナマサで材料を調達してきていたのでびっくりしました。フランス人パティシエは店内のディスプレイなども担当しているようでてんてこまいでろくに食事もとれていないような印象を受けました。

 

この材料で泡立ててほしいとか、この材料をこっちにいれてくれとか、こねてほしいとかそういった断片的な指示だったので、けっこうつらかったです。

 

季節もクリスマスの付近だったので、立ち仕事で待ち時間も長く寒くて悲しくなることもありました。ほかにサブのパティシエの方が二人いましたが、なかなか癖のある方ばかりで困りました。

アルバイトは5人くらい採用していましたが、各々配属が点々として効率悪いなあと思います。

儲かっているみたいなので、余裕あるバイトの使い方しているなあと思いました。一度覚えた仕事はいろいろ活かせるので、なるべく長期間働いてほしいといわれましたがなかなか気が進む仕事ではありませんでした。

 

パティシエ補助のバイトで楽しいところと辛いところ

立ち仕事でお菓子のにおいをずっとかぎ続けるので、おなかが減ってくると大変でした。バイトの承認を最後に貰う管理職の方がとても若いけれど、とても偉そうな態度だったのですごいなと思いました。社長も三十台だったし、利益が出ている会社はぶいぶいいわせるような感じの悪い人も多いのかなあと思いました。

楽しかったのは、プロのパティシエの方がお菓子を作っている様子を目の前でみることができたことです。社会人をしながらでも稼ぐには、単発の登録バイトがお勧めです。

体力が許す限りバイトができます。一度気に入ってもらえると、つぎからも声をかけてもらえるのでとてもいいです。

ただ、行く前と終わった後でそれぞれ連絡をしないといけなくて手間だったり、お給料が日にちと時間が決められていて、わざわざ貰いに行かなければならないことも多くあったので、どういう会社が運営していて、お給料の渡し方は振込なのかをきちんと下調べしておくことが大事です。

OLをしながら副業をする際の注意点

わたしもたまに暇なときは楽そうなバイトを探しては働きに行きます。しかし、性格的にも、初めての方とコミュニケーションをとるのがしんどいこともあるので、在宅でできるライティングの仕事が一番合っているなと思います。

バイト先が距離がとおいこともざらにありますので、さくっと楽して働きたい場合は、交通の便がよいところに住んでおくほうがいいです。

アクセスや通勤時間が体に地味に負担がかかってくるものです。社会人をしながら働くには、人と違った経験やスキルを磨く必要もあります。

人と同じ誰でもできる仕事は時給が安いですし、応募が殺到してなかなか思うように働けない場合もあります。

夜中が勤務時間のところはわりかし時給がいいですが、しんどいことも多いので、あまりお勧めできません。

交通費はもちろん会社負担してもらわなければ割に会いませんので、そこも気を付けて選ぶ必要があります。お金のためにつまらない作業を黙々とできる人なら単純作業のバイトはたくさんあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です