ルミネの覆面調査の副業バイトの実態は?時給と内容を暴露します!!

私は都内在住の35歳女性です。普段は飲食店で販売接客の仕事をしながら、フリーライターとして活動しています。

20代の頃から接客の仕事を中心に、様々な仕事を経験してきました。その中でも特に変わっていて楽しめたのがルミネの覆面調査のアルバイトです。

 

月収にすると約5000円(1件500円×10件くらい)でそんなに稼げるわけではないのですが、OLさんはかなり楽しめる仕事だと思うので紹介します!!

 

ルミネの覆面調査の実態は?どんな感じかまとめます

大手ファッションビル、ルミネを専門にした覆面調査員の仕事でした。

ルミネに入る、数ある店舗の中から指定された店舗にお客として出向き、売り場の接客の様子や陳列棚や掃除が行き届いているかなどを細かくチェックします。

当然調査員であることは秘密で、完全に抜き打ち検査ですが、店舗には後日、調査の結果だけがそのまま伝えられるようです。

それが店舗や従業員さんの直接の評価に繋がるので、副業アルバイトとは言え、責任は重大でした。

調査のときは商品をあらかじめ1品だけ想定し(例えば白いトップスの上着、夏用のロングスカート、など)その商品を実際に購入するという”フリ”をして、従業員さんとの会話のやりとりをチェックします。

事前に調査会社から録音機器を貸し出されるので、カバンやポケットの中にそれを潜ませ、後で音声を参考にしながらレポートをまとめます。

実際に商品を購入することは禁止で、(調査日以外のプライベートならばOK)「もう少し考えてから購入する」「他のお店も回ってから決める」と言うようなことをお店の方に伝え、そのときの従業員さんの反応もチェックする、など調査内容は結構シビアなものでした。

他にもこちらからはアプローチをせず、店員さんが近付いて来るのを待つ、など細かい設定がありました。

同じビルに入る店舗がほとんどだったので、1日に何店舗でも調査することは可能だったのですが、時間の都合などを考えると、多くても3、4件が限度でした。

また、一度にたくさん調査するとどこの店舗がどんな印象だったか忘れてしまうということで、調査会社からもなるべく分担してやることを勧められました。

ただし基本自宅から2~5㎞以内の場所の店舗では交通費が出なかったため、まとめて調査する方が本当は効率が良かったのですが。

 

覆面調査の副業できついところと楽しいところ

きつかったところは、調査後のレポートです。接客から店舗内の様子、会話のやりとりまで○×評価と文章で事細かい項目があり、それを調査した日の翌日午前中までにワードファイルにまとめてメールで提出します。

本業の仕事もあったため、スケジュールのやりくりがかなり大変でした。

また、貸し出しの録音機器の性能があまり良くないのか、後で再生しても雑音だらけで会話の内容がほとんど聞き取れず、詳細を思い出しながらのレポート作成に苦労しました。

逆に楽しかったところは、いろんなお店を見て回れたことです。普段だったら行かないような雰囲気のお店も、調査で行ったら興味が湧き、ファッションに幅が広がりました。

調査員としての行動はドキドキでしたが、探偵みたいで楽しくもありました。

また、セールや新商品の情報、体型や悩みなどに沿ったファッションアドバイスなど有益な情報を店員さんから貰うこともあり、とても参考になりました。

それまで店員さんに話しかけられるのは苦手だと感じていましたが、少し考えが変わりました。考えを押しつけられることもなく、あくまでこちらの意見を優先して的確なアドバイスをしてくれるので、いい印象が残りました。

親切で優しい店員が多く、仕事に対する誠実さも伝わってきて、自分にとってもそれは励みになっています。

実際に覆面調査員として活動したのは予備調査も含めて3ヶ月ほどでしたが、普段は知り得ないファッション業界の裏側を知ることができ、貴重な体験ができてとても濃い時間を過ごすことができました。

枠にとらわれない仕事を経験することで、自分の世界観も広がった気がします。

これから副業バイトを探す方も、面白そうだと感じたことはとりあえずやってみることをオススメします。

副業と聞くと、どうしてもスキルがつくかどうかの方に考えが偏ってしまいがちですが、楽しんでやることや、自分の世界を広げることを念頭に置けば、きっと長続きするのではないかと思います!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です