JRの人数を数えるバイトは高収入!50代の男性でも時給1000円越え!!

私は現在、50歳でフリーのライターの仕事をしています。数年前まで企業に勤めていて、その時に収入を増やすために、さまざまな副業をやっていました。

社会人をやりながらやった副業で一番楽だったのは、人数調査の仕事です。時給も1000円を超えるのでこれはオススメできると思い紹介します。

 

電車の人数を数えるだけで高収入!乗降調査のアルバイトとは?

 

土日の単発の副業で、JRの列車の乗降人数を数える仕事でした。始発から終点まで約1時間半の列車に乗って、この仕事をしました。

往復なので休憩時間を入れると、約半日かかってしまいます。私は2人1組で、乗降者の人数を数えるだけのシンプルな仕事です。

途中で混んでくる駅や時間帯があり、その時は2人で全車両の人数確認をするのは大変でした。
また、乗降口に立っていると利用者の邪魔になるので、それには十分に注意を払いました。

私もたまにこの列車を利用していたのですが、終点までは乗ったことがなく、どんな感じなのか、仕事とは言え、ちょっとした期待感がありました。

実際に終点に着いてみると、始発駅とは全く違った雰囲気でした。

始発駅は地方駅とは言え、それなりに栄えているのですが、終点の駅では昔懐かしい感じがしました。
私が子供の頃にたまに利用していた地元の駅を思い出しました。

今ではその役もすっかり新しくなってしまい、昔のノスタルジックな面影はなくなってしまいました。
終着駅の昔懐かしい雰囲気を感じながら、しばらく食事を兼ねた休憩時間を取りました。

そして帰りの電車に乗り、仕事が再開します。

徐々に仕事も慣れてきて、また混雑時間が過ぎたこともあり、のんびり仕事をすることができました。

車掌からは遠くの山や田畑が良く見え、日本の原風景的な景色も眺めることができました。

私が住んでいる所は地方ですが、自然がそれほど多くはないので、とても新鮮な感じがしました。

そして列車1本でこのような美しい自然のある場所を旅することができるのだと思いました。
私は2日間で、2往復の仕事を行い、無事に終了することができました。

最後の方が仕事というよりも、半分は乗客のような感じで列車の旅を楽しむことができました。

 

人数を数えるバイトは人生の中で一番楽しい副業だった

私はいろいろな単発の副業をやってきましたが、中でもこの仕事は一番楽しかったと思います。単発の仕事は平日の仕事の支障がないように、1日だけの仕事にしています。

しかし、この仕事だけは土日2日間の仕事だったので、翌月曜日はやはりその影響が少し出てしまいました。
それでもこの副業はこの時だけだったので、やって良かったと思っています。

私は今までやってきた副業の職種はいろいろありますが、やはり本業が優先なので、副業はできる範囲で行うようにしたほうが良いと思っています。

平日の夜の副業をやったこともありましたが、やはり睡眠不足になってしまい、本業にも支障が出てしまいました。

収入を増やすために副業をやる場合も多いかもしれません。

れでも本業ではできない体験が副業でできるので、やはりやりたい仕事をやった方が良いと思います。

今の私は副業がいつのまにか本業になりました。自分でも副業でやっていた仕事を本業でやるとは思っていなかったので、今でも不思議な縁を感じています。

私の場合は副業で好きな仕事をやっていたことで、それが軌道に乗ってくれば自然と本業にすることができたのかもしれません。

列車の乗降人数カウントの仕事でも、この仕事ならではの楽しみもありました。
鉄道マニアのような人も乗っていて、中には私たちに話しかけてくれるお客さんもいました。

仕事だけでは納まらない、それ以上の楽しみや喜びなどを得ることができることもあります。
休憩中にJRの職員さんたちと雑談をしましたが、列車を語る時のキラキラとした瞳は今でも忘れることができません。

「好きこそものの上手なり」と言いますが、まさに好きな仕事だからこそ、たくさんの楽しみや喜びを見つけることができ、ますますその仕事が好きになっていくのだと思います。

仕事なので当然、好きだけでは上手くいかないこともあります。

しかし、好きだからこそ、その仕事を続けていけるのでしょうし、それが人生の生きがいにも繋がっていくと思います!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です